部活体験談

部活体験談

HOME > 部活体験談 > テニス部体験談 > 一生の仲間を見つけられるのが、男子テニス部の魅力

テニス部体験談:一生の仲間を見つけられるのが、男子テニス部の魅力

青春の真っ只中の時期といえば高校生です。
自分自身のひとり立ちの時期でもありますし、または友情や恋愛などが生まれる人生で最も楽しい瞬間といっても良いと思います。

そんな青春の時期を楽しくさせてくれた理由の1つに、テニス部生活がありました。私は高校生のとき、男子テニス部に入部をしました。
選んだポイントは単純で、あらゆるスポーツの中で最もテニスがモテそうだと考えたからです。
もちろん、テニスをやっているからモテるということはないのでしょうが、
男子テニス部に入部をすることで、ちょっと私の株も女子から上がるのではないか、そう考えたのです。

結論からいいますと、男子テニス部に入部をすることで、株が上がったかどうかは微妙なところです。
しかし、社会人になってから「高校の時、何の部活動をしていたの」という質問に対して、「テニス部です」と答えると、決まって好印象になったことは事実としてありました。

しかし、実際にテニス部に入部をしてみると、モテるモテないという点で始めたにもかかわらず、その面白さに一番にハマってしまいました。

もちろんテニスをすることも楽しいです。
へたくそではありますが、ボールを上手く打ち返したときや、サーブをびしっと決めたときなど、なんともいえない満足感があります。
また、スポーツをすることによって気持ちの良い汗をかけて、毎日をハツラツと過ごすこともできました。

そして何よりテニス部生活で最も楽しかったのが、仲間との関係です。

高校生活を始める時期は、友達ができるかどうか不安でしたが、すぐにテニス部での友達もでき、同じスポーツをしていますので、すぐに心も打ち解けます。

そしたら、家族にはいえないことや女子には相談できないことを、男子の仲間内で話すことができますし、また恋愛ネタで盛り上がるなど、とにかく楽しいの一言なのです。
テニスの時間中はもちろん集中をして練習をしますが、練習終了後に校庭で熱く話し込んだり、帰りに駄菓子屋さんでお菓子を食べながら話したり、私にとってテニス部での魅力とは、この仲間とのコミニケーションが最大の魅力でした。

こうして同じスポーツをしながら培った仲間は、まさに一生ものの宝であると思っています。

社会人になると、マナーを重視されたり、社会人になってからの友人といってもそこには、ビジネス上のお付き合いの面もでてくるものです。
心から本音で話すことができる、そう思えるのは高校で共に汗を流した、男子テニス部の仲間なのです。今も青春の時期にテニス部に入部をしたことは、非常に良かったと感じています。