部活体験談

部活体験談

HOME > 部活体験談 > テニス部体験談 > 高校の男子テニス部初心者が上達する方法

テニス部体験談:高校の男子テニス部初心者が上達する方法

高校生になると部活をせずに、学校の授業が終るとそのまま帰宅することを選択する学生もいますが、私は部活をすることを選びました。

男子テニス部に入部することを決めました。
なぜ、男子テニス部に入部をするかを決断したかというと、よくある話ではありますが、仲のよかった友達が入部をしたからです。

もちろん、少しは身体を動かす運動部に入りたいという気持ちがあったのですが、テニス部に入ることは、完全に友達が入ったからそれに流されて入部をした感じです。テニス部はどこかイケメンと呼ばれる格好良い子がやっているイメージがあったり、またさわやかな人がやるイメージがあったので、ちょっと私とは対極にあったので、一人で入部をするということはなかったと思います。

テニス部に入部してみると、とにかくすでに上手な子が多いのに驚きました。
中学生のころからテニスをし、そして小さな大会で優勝をしているような子は、
すでに実力がありますので、高校で初めてはじめた私とは実力がとても離れているのです。

そのことが理由で、始めはこれは追いつけないと自信をなくしてしまいました。
自分と同じレベルの子達なら、お互いに切磋琢磨をしながら頑張れるものですが、既に自分よりも上手い子がいるので、それは次元が違うのです。

ですが、私はここで一つのことを思いつきました。
自分よりもすでに上手い子がいるということは、その子にコツや技術を教えてもらえば良いんだということを考えたのです。

それからは、テニス部にいるときはできるだけ、その上手い子のそばにいましたし、またテニス部以外のときでもたくさん話て、テニスを上手くなる方法なども聞きました。

そしたら、驚いたのが、 まず自分と同じように高校生になってからテニスを始めた子よりも、 私の実力が圧倒的に上手くなっていたのです。
もちろん1年目ですので、中学生から始めた子達にはまだまだ適いません。

でも、最初に思っていたころよりも、テニスの技術が上達し、試合ができるようにもなっていったのです。

おそらく私はテニスが上手い子をみて単純に嫉妬をしているだけでは、ここまで上手くならなかったと思います。上手くなるためには、どうするかを自分の頭で考え、そして最善の策を考えたことが、大きな力を伸ばした要因であると思っています。

最初は、誰でも初心者です。上手い人でも最初は私達と同じように下手くそだったのです。そうした、最初は誰でも同じという気持ちを持つことで、レベルの高い人に対してアプローチをしたり、臆せずに進むことができるのではないかと、このテニス部の経験を通して思いました。