部活体験談

部活体験談

HOME > 部活体験談 > テニス部体験談 > テニス部は切磋琢磨できる環境

テニス部体験談:テニス部は切磋琢磨できる環境

高校時代、男子テニス部に所属していた私は、まったくといっていいほど球技が駄目で、まともにラリーはおろかストロークすら空振りという始末で、これはどうにもならんなぁと自分の事ながら情けなさを感じていました。

しかし、それをみていた同級生や先輩が腕の角度や腰の回し方、タイミングなどを丁寧に教えてくれ、なんとか形にはなるようになっていきました。
もともと、運動はあまり得意ではなく、インドアな私はそこにいたるまで周りの人よりずいぶん長い時間がかかりました。

周りの人は、外のテニスコートを使って試合をしてみたりなどしている間、ちょっとでもその輪に入ろうと顧問の先生に教えを乞うてみたり、壁打ちをひたすらしてみたりと、一人で練習に励んでいました。

後輩ができる時分になっても、それは続き、むしろ経験者の後輩ができてしまったりと、今思うと我ながらずいぶんと肩身の狭い思いをしていたのではと思うような立場でした。

しかし、それを補ってあまりあるほど、同級生とするテニスは面白く、逆に後輩から学ぶこともあったりと、切磋琢磨できる環境であったと思います。
試合もありましたが、練習がもとよりなかなか実を結ぶ人間ではなかった私にはどうがんばっても出場できるようなレベルにいたらず、少し悔しい思いをしていたものです。
それを知ってか、友人からは君のぶんもしっかりとがんばるから。しっかり応援してくれ。そういわれました。
その言葉をかけられたとき、あぁもっとがんばらないとなと思い、同時にこれは気合をいれて応援しなきゃならないなと
まるで自分の出場する試合のような心持ちで、試合を応援しながら見ていました。
試合は、クジ運もよくなく、初戦でいきなり強豪とあたってしまったりと、悔しい結果に終わってしまいましたが、強豪に対し一矢報いるような試合運びをしたりと、決して何も得られない試合ではなかったように記憶しています。
卒業年次になり、せめて1試合だけでも出てみようということになり、同級生全員でシングルの試合だったり、ダブルスだったりと、思い思いの試合形式にエントリーしてみました。初めて出る試合でしたが、練習の結果はやはり最後まで実は結びませんでした。

最後の最後まで駄目だったかと思い、帰り道の駅の中で歩きながら一人泣いたのを覚えています。人目を気にする余裕もなく、静かに歩きながら泣いたのです。
そして、後日学校へ行くと、同級生の中で一番私を見ててくれた子が3回戦ほどは勝ったと言い、それをみんなで祝ってあげました。
私の努力は、残念ながら結果にはなりませんでしたが、仲間を通しての努力は小さな結果ではありましたが、実を結んでいたのを見て、卒業を迎えました。