部活体験談

部活体験談

HOME > 部活体験談 > テニス部体験談 > 初めてのテニス部での試合体験

テニス部体験談:初めてのテニス部での試合体験

男子テニス部に高校生のときに入部をしました。

最初は当然のごとくフォームの基礎練習や先輩の玉拾いなどを行いながら、
普段のテニス練習を行っていきます。
1年目はとにかく緊張をしたものですが、同じスポーツに関することをしていますので、すぐに友達ができて単純作業のときでも楽しくすることができました。

しかし、単純な玉拾い生活もすぐに終るのです。
そうです。テニス部として入部をするからには、試合が待っているのです。
どんなに下手な生徒でも試合には出ることができます。
つまり、私がそうです。
本当は試合には出ずに、友達とわいわい話しながらテニスを楽しんでいるだけが良いのです。
試合をして上手い人と戦い、そこでこてんぱにやられるのは性に合わないのです。

しかし、そうは先生が許してくれません。
私を試合にエントリーしてしまったのです。
シングルでは試合に出ずにダブルスでのエントリーです。

当然のごとく私とペアを組む子はあまり上手くのない子ですので、
二人して弱小ダブルスペアの完成です。

試合前の日はとにかく緊張をして眠られませんでした。
そした試合日当日です。
相手選手と向かい合わせで戦います。

私は後ろのポジションで戦いますので、
相手から飛んでくるボールを返す率も高いです。

そして戦っていると、意外にも自分が相手と競り合えることに
気が付きました。
ボールを上手に返して、相手ゴールに突き刺します。
ポイントを次々と選手、まさか弱小ダブルスペアでも勝てるのか、
このまま勝ち上がることができるのか、と思った矢先に見つかって
しまいました。

私のウィークポイント、弱点です。

実は私は、前を向いたときに右側に飛んでくるボールは、
簡単に打ち返すことができます。
右利きだからです。
しかし、左側に飛んでくるボールは、左手の力がいることと、
また左手の感覚も必要なため、右手で打つのとはまたかってが違うのです。

そして私は左側に飛んでくるボールを打ち返すのが非常に下手くそなのです。

そのことに気がつかれ、相手選手からコートの左側、左手側にボールを
集められ、あえなく負けてしまいました。

これは非常に悔しかったです。
まず、左手側にボールが飛んできたときに何もできないという悔しさと、
仲間の選手である子に対しても申し訳ない気持ちになりました。

これまでは趣味程度でいいと思っていたテニス部での活動ですが、
この試合で負けたことによって、よりテニスに本格的に打ち込むようになりました。
そして自分のウィークポイントをただ笑ってごまかすのではなく、きちんと向き合って改善をしていくこともしました。

何がきっかけでその物事に対して真摯に打ち込むかはわかりませんが、
私にとって真剣にテニスをやってみようと思った瞬間は、
この試合での敗北経験からでした。