高校生活ナビゲーション

関西の高校ガイド

高校生進路リンク

HOME > 関西の高校ガイド > 北野高校

北野高校

北野高校は大阪市淀川区新北野にある府立高校です。
偏差値はかなり高めの府内でも評判の進学校で文武両道を掲げており、素晴らしい人材を世に排出しています。
漫画の神様と呼ばれている手塚治虫も北野高校の出身で、この学校の出身者は学者や文化人が多く存在します。
2003年に卒業生で建築家である竹山聖の設計で校舎を立てなおしモダンな造りの校舎となりました。

校風はかなり緩めでパーマや金髪、化粧などは人に迷惑をかけなければいいと認められているようです。
高校で金髪はちょっと…と思われる方もいるかもしれませんが、生徒指導や校風がしっかりしているので特に荒れている様子はありません。
他の高校では校内での携帯電話の使用が禁止されている場合が多いです。
しかし、北野高校は携帯電話の使用についても特に禁止していません。
その分、一線を越えてしまった時はそれ相応の処分が待ち受けています。自分で自分を律せる学生が多いという表れでしょう。

北野高校は「入れる大学」より「入りたい大学」を目指すという姿勢の元、勉強にはかなり力を入れています。
授業は65分、隔週土曜日にも授業を行っており夏休みや冬休みの補習等もかなり充実していますので勉強しがいのある環境と言えるでしょう。
ただ勉強するだけではなく「自分の夢を叶えるにはどうしたらいいのか」と生徒に考えさせ、自主的に勉強をさせる教育法を取っています。
こうすることで生徒の知的好奇心を刺激し、生徒の成長を促しているのです。勿論、生徒が躓いた時は高校側がサポートしてくれます。
「高校からのサポートがあったから大学に合格できた」という卒業生もいるほど評判のいい教育法です。

文武両道という言葉の通り、北野高校は部活も盛んです。
東京大学や京都大学、その他の国立大に受かる生徒でも運動部に所属し数々の賞を受賞しています。
また、体育の授業が他の高校に比べキツいのも有名です。
勉強はできても少し運動は苦手だな…という人には少し厳しいかもしれません。
特に体育科は学年や性別に応じて課題が出され、できなかった場合は補修を受けなければなりません。
普通科は体育科よりは厳しくないようですが、それでも体力の無い人には辛い運動量だと卒業生の人は語っていました。

総括すると校則は緩め、けれど勉強と運動両方とも妥協しない高校です。
逆を言えば、自分の行動をちゃんと制御できて勉強も運動も両方頑張りたい!という人には向いているでしょう。