高校生活ナビゲーション

関西の高校ガイド

高校生進路リンク

HOME > 関西の高校ガイド > 三国丘高校

三国丘高校

三国丘高校は大阪府堺市堺区にある公立高校です。
「自主自律」「知・徳・体の調和のとれた人間の育成」を目標に掲げ、生徒の自主性をはぐくんでいます。
また生徒指導も生徒が主導して行うので、友達同士でも相手の服装や態度に気を付けながら学校生活を送っているそうです。
文部科学省が認定するSSH(スーパーサイエンスハイスクール)に指定されている学校で、日本だけではなく世界にも通用する論理的な考えが持てる生徒の育成に励んでいます。
その為、文系理系どちらかと言えば理系に力を入れている高校です。
宇宙飛行士である土井隆雄も三国丘高校の出身で、科学技術については三国丘高校で知識を深めたという話もあります。
現在活躍している卒業生から話を聞ける「三丘セミナー」が行われているのもこの学校の一つの特徴です。

進学実績はどちらかと言えば私立が多めですが、京都大学や神戸大学への合格者を毎年安定して20~30人輩出しています。
私立も同志社大学、関西大学の合格人数はそれぞれ100人を越え、全体的なレベルはとても高いと言えるでしょう。

生徒たちは難関国立校を目指し日々勉強に励んでおり、また和気藹藹とした学生生活を送っています。
地球や人類の役に立つ人間を育成する為にとても充実した授業プログラムを組んでおり教師陣も実績と実力を兼ね備えた優秀な方ばかりです。
土曜日も補修や講習が良く開かれていますし「三丘土曜クラブ」といった自宅学習プログラムも常備されています。
「三丘土曜クラブ」には三国丘高校を卒業した大学生も講師として参加していますので、同じ三国丘生同士で勉強の悩みや将来についての不安も話しあうことが可能です。

部活動も実に全校生徒の95%が参加しており、宇宙飛行士である土井隆雄は「天文部に所属して三国丘高校で星を眺めていたのが宇宙への憧れの始まりだった」とも話しています。
天文部だけではなく、各々が興味のある分野に思い切り打ちこめる環境が揃っています。

定時制も並立されており、様々な人と出会う機会がある三国丘高校。
卒業生も科学や芸術の文化に精通した人が多く、時々講義にきてくれるそうです。
自分が目指している道で活躍している人から話が聞けるというのはとても貴重な体験だと思います。
知識人からの話は自分の将来の参考になりますし、全体的にバランスが取れたいい学校と言えるでしょう。