高校生活ナビゲーション

関西の高校ガイド

高校生進路リンク

HOME > 関西の高校ガイド > 生野高校

生野高校

90年を超える長い歴史の中で校訓「五綱領」(剛健・質実・自重・自治・至誠)を守り、人としての基本的な資質の育成を目標としながら、新しい教育活動にも積極的に取り組んでいる学校です。スーパーサイエンスハイスクール、進学指導特色校の指定を受け、様々な分野でリーダーとして活躍し社会に貢献する人材を育成するために、全人的な教育を行っています。

大阪府松原市にあり、大阪市南部と中・南河内地域の第三学区となります。ほとんどの生徒が進学を志望し、地域をはじめ国際的に活躍する有望な人材育成に貢献しています。

授業は70分5限。府立高校随一の授業時間を確保しており、高い進学率を支えています。放課後や土曜日も講習を行い、創立90周年記念事業で整備された自習室は、平日午後8時まで、休日も午前9時から午後5時まで利用でき、毎日OB・OGの大学生が質問や進路相談に対応してくれます。
普通科に加え文理学科、理系進学を目指すSSHコースを設けています。1年生では「職業研究」、2年生は「学部・学科研究」を行っていて、3年生の志望校決定につなげています。

勉学・学校行事・部活動を高校生活の三本柱とし、文武両道を実践しています。物事を成し遂げる意思を育て、友情を育む場となる部活動を大いに奨励しています。限られた時間で質の高い練習を行うことが、近畿大会や全国大会への出場につながっており、卒業生には元シンクロオリンピック日本代表ヘッドコーチの井村雅代さん、元サッカー日本代表主将の宮本恒靖さんなど、世界の第一線で活躍する人材がいます。

シックなコシノヒロコデザインの制服に憧れて入学する生徒も多いようです。きめ細やかな生活指導ルールがあり、安心して学習に集中できる環境が整っています。4月には自治会主催のもと新入生の歓迎会が開かれ、映画会など多彩な催しが行われます。5月の卒業生を囲む会では先輩の体験談を聴くことができ、将来の進路を決めるのに参考にできます。そのほか古典落語などの芸術鑑賞や、忍耐力の鍛錬に役立つ耐寒登山を行っています。合唱コンクールは昭和50年から続く行事で、生徒間の一体感を育んでいます。

このように、授業を優先しつつ部活動や学校行事に積極的に取り組む校風は、個性を伸ばし、知性や人間性を深め、幅広い教養を持ち意欲的に学ぼうとする姿勢を育てています。