高校生活ナビゲーション

関西の高校ガイド

高校生進路リンク

HOME > 関西の高校ガイド > 大手前高校

大手前高校

大手前高校は大阪市中央区大手前にある公立高校です。
大手前高校は現在は共学ですが昔は女子高として運営されており、大阪の中では一番歴史が古い高校です。
校舎は一度立て替えられており外観もとても綺麗で、設備が整っていることで有名です。
大阪天守閣がすぐ傍にあり、立地も良いので通いやすいと生徒からは高評価を得ています。
二代目桂歌之助や芥川賞を受賞した三田誠広が卒業生として名を連ねており、文化人の卒業生が多くいる高校です。

大手前高校はではSSH(スーパーサイエンスハイスクール)に指定されたり、文理学科を設置したりと生徒の知識欲を満たす試みが多くされています。
また、文理学科は理数だけ勉強するのではなく国語社会などの他の科目も普通科と同じ数の単位を設定しています。
得意科目を深めるのも大事だが人間としての総合力も高めなければいけない、という信念がこの学校にはあるようです。
「次代の日本をリードする人材の育成」をポリシーに、生徒の探求心を大事にし国際交流も盛んに行っています。
イギリスのペングライス校と姉妹提携を結んだり、中国や韓国の留学生を受け入れたりと異文化理解に努めている学校です。

校則はかなり緩めで携帯電話を校内で利用していても特に注意はされないそうです。
常識の範囲内で行動し自分でやったことは自分で責任をとる、といった校風で生徒たちもそれを理解して学校生活を送っています。
進学校と言えば先生もスパルタで厳しいんだろうな…とイメージしがちですが気さくな先生が多く、学校全体の雰囲気はとても明るいものです。
ただ、卒業生の95%が四年生の大学に進学していることからも分かるように勉強に関しては非常に厳しい学校です。
授業の復習だけではなく予習も行っていないと授業についていくのは難しいでしょう。

明るい生徒たちが多いので部活動も盛んに行われています。
ただ定時制の生徒と一緒に練習をする為、部活動ができる時間が17時半とかなり短くあまり部活動の実績は残されていません。
部活動を中心にして高校生活を送りたい!という人には少し物足りないかもしれませんので注意して下さい。

体育祭や文化祭というイベント事には学校一丸となって取り組めるので大いに盛り上がることができ学校生活が楽しかった、という卒業生の言葉通り、総括すると全体的に明るく活気がある高校です。
勉強は大変かもしれませんが、努力を続ければ夢を叶える力を身につけることができるでしょう。