高校生活ナビゲーション

関西の高校ガイド

高校生進路リンク

HOME > 関西の高校ガイド > 大阪星光学院高校

大阪星光学院高校

大阪星光学院高校は偏差値70以上を誇る国内でも有数の府立男子校です。
1950年の設立当初から校長は全てカトリック教の神父が勤めている、サレジオ教会が運営・管理している中間一貫校です。
近くの駅は四天王寺前夕陽丘駅で、そこから徒歩2~3分とかなり立地も良く通いやすい高校と言えるでしょう。
2009年に校舎が建て替えられ、建物や設備も一新されています。

大阪星光学院高校は校訓の「世の光であれ」という言葉通りに多くの有名人・芸能人を世に送り出しています。
吉本興業の元社長である林裕章、俳優の内藤剛志、作詞作曲で有名な前山田健一(ヒャダイン)などもこの高校の出身で芸能関係や政治関係で大成する人が多いです。

教育プログラムも中学1年からしっかりと組まれており東京大学、京都大学といった国立大学の現役合格もかなり多めです。
全国の高校と比べても国立大学の合格人数はトップクラスで、大阪ではTOP3には入る名門校です。
最近は昔に比べ国立大学の合格人数は減少傾向にあるようですが、その分医学部への進学が増えており全体的な質は変わっていません。

特別に勉強意識が高い生徒ばかりではありませんがやる時はやるという校風で、学力も高く温厚な生徒が多いのが特徴です。
先生と生徒の関係も良好で、勉強での分からないことや相談事も気軽に相談できる関係が作られています。
また、個人個人も大事にしますが集団生活を重んじ校則は少し厳しめです。
長野や和歌山に学校独自の宿泊施設があり、集団生活の大切さを学ぶ為に中学・高校を通して何回か合宿が行われます。
「世の中の光になれ」という校訓の通り世の中で役に立つ人間の育成にかなり力を入れており、教育の質は高めで卒業生や保護者からの評判も上々です。

部活動はホッケー部が全国的に有名です。学校設立当初から全国大会にも何回か出場しており、全国制覇も成し遂げています。
現在も安定して近畿大会までには出場している強豪校です。
その他には弓道部なども有名ですがやはり進学校ですので、帰宅部の生徒が多いようです。
他の運動部や文化部もある程度の実績は残しています。
しかし、どちらかと言えば学業に力を入れている高校と言えるでしょう。

学費は他の高校に比べ少し高めですが学業のレベル、人間育成、進学実績を見れば高いお金を出してでも行く価値がある高校です。
学力だけではなく人間性も高めてくれるので、きっと将来の夢に向かって有意義な学校生活が送れることでしょう。