高校生活ナビゲーション

関西の高校ガイド

高校生進路リンク

HOME > 関西の高校ガイド > 清風高校

清風高校

清風高校は、仏教を中心とした宗教教育を行っている男子高です。「徳・健・財」を身につけ、社会から安心・尊敬・信頼される人材の育成を目指した教育を行っています。「自利利多」の精神から、人の役に立つ人間になることを目指し、そのために自己を高める努力を促しています。毎日の朝礼では般若心経を唱えることで精神を統一し、生徒の高い倫理観を育んでいます。生徒はもちろん保護者や地域の方に安心、尊敬、信頼される学園であるために、問題が発生した場合は先延ばしせずその日のうちに解決しています。

ほとんどの生徒がクラブに所属しており、活動を通じて仲間と切磋琢磨することで、困難に打ち勝つ精神力を養っています。特に器械体操部、テニス部、陸上部が活躍しており、体操の池谷幸雄氏をはじめとしたオリンピック選手を輩出しています。文化部も多数あり、全国大会などで高い成績を収めています。受験勉強をこなしながらクラブ活動でも全国トップレベルを狙える環境が整っています。

教育においては独自の取り組みを行っています。数学研究所、英語教育研究所が設置され、よりレベルの高い授業を行うため、教員が集まって入試問題の対策について研究会を開き、教材を制作しています。英語教育研究所では、京都大学の入試問題の速報公開授業を開いています。また、入試に小論文を取り入れる大学が増えていることに対応し、3年間を通じて小論文指導を行っています。夏季休暇中には、勉強合宿を行い各教科の補強を行っています。補習体制やきめ細やかな個別指導、卒業生の豊富なデータを活用した進学指導、そして毎日夜9時まで利用できる自習室があり、生徒の高い国公立大学合格者の輩出につながっています。

学校行事も清風高校ならではのものが多くあります。高野山まで2日かけて100kmを歩く100km歩行や富士登山は、体力と気力を振り絞ることで友人との一体感が生まれ、達成感を体感し「生きる力」を育みます。また、それぞれの学年で高野山や伊勢神宮などで修養行事を行い、精神を鍛えています。
多感な時期を過ごす生徒一人ひとりに正面から向き合うために、厳しい校則を設けて正しい判断力、鋭い断行力と持続力を養うことを目指す学校です。生徒一人ひとりが将来のよりよい日本を担っていく、そのために清風学園は進化しています。