高校生活ナビゲーション

関西の高校ガイド

高校生進路リンク

HOME > 関西の高校ガイド > 清風南海高校

清風南海高校

清風南海高校は中間一貫の私立学校です。元は男子高でしたが、2002年度から男女共学となりました。
校則が厳しいことで有名で、男子の髪型は丸刈りが基本となっています。校則を破った罰として写経をさせるなど仏教の精神が根強く残っている学校です。
またこの学校にはPTAや生徒会もなく、学校運営は全て学校側に一任されています。

成績によってクラスが分けられ、中学校からの内部入学者で固められているスーパー特進コースに難関国公立大学の合格者が多いのがこの学校の特徴です。
毎年、東大理IIIや京大医学部への現役合格者を出しており実績はピカイチです。
他には特進コース、三ヵ年特進コースというコースもあり、高校受験を受けて入学した学生は三ヵ年特進コースに入ることが決定しています。
特進コースや三ヵ年特進コースからも多くの現役国立大合格者を出しており、勉強には特に力を入れている高校です。

先生もやる気があり授業の質の良さには定評がありますが、学習意欲の無い生徒はどんどん取り残されていきます。
生徒の進路についてもあれこれ口出しをすることがない代わりに学校の方から手助けするということも無いようです。
自分の意思をしっかり持っていないと学校の勉強についていくのも難しいでしょう。
勿論、補修や勉強についてのアドバイスもしてくれますが最終的に頑張るのは己自身だという校風があるようです。
勉強ができる土台は揃っているので、自分がどう努力するかによって大学受験の結果は変わってくると思います。

部活動は運動系が盛んで、ソフトボールは春夏連覇を成し遂げたことがあるような名門です。
また、体育や運動部の部活の顧問には個性的な先生が多く「勉強よりも部活が楽しい」という生徒も多いようです。
サッカーやラグビーの全国大会に出場したことがある先生もいるそうで、全体的に運動部の評判はかなり良いです。
ただしテストの結果が悪いと部活動に参加することを禁止されることもあるそうなので、文武両道の学生生活が前提となるでしょう。

勉強や校則などは他の学校に比べてかなり厳しい面が目立ちますが、規律がしっかりしているということはその分自分を成長させられる学校生活を送れるということです。
努力すればするほど報われ、サボればすぐに置いていかれるという両極端な面もありますが自分に自信がある人にはピッタリの学校だと思います。