高校生活ナビゲーション

関西の高校ガイド

高校生進路リンク

HOME > 関西の高校ガイド > 天王寺高校

天王寺高校

天王寺高校は大阪市阿倍野区にある府立学校です。
普通科、文理学科という2つの学科がありますがそのどちらも偏差値は70を越えており文部科学省からもSSH(スーパーサイエンスハイスクール)に指定されています。
SSHとは理科・数学の教育を重点的に行っている高校を指定し、社会に役立つ人間を育成するシステムです。
SSHに指定されていることから分かるように、天王寺高校は学業(特に理数系)に力を入れています。
その為、卒業者も学者や経済人が多めです。

また、学生服がなく私服登校なのも特徴に挙げられます。
「服装はその人の人格を表すもの」という考え方で、集団生活を行う上での最低限のマナーを守っていればどんな服を着てこようと自由です。
一応標準服という服があるようですが、入学式や卒業式などの式以外は私服を着て登校する学生が殆どだそうです。
良い意味で変わり者が多く一人一人の個性が大事にされる学校だ、と言う卒業生もいます。

進学校の為、部活はあまり盛んでは無いのでは…と思われる方もいるかもしれませんが、天王寺高校は学校の方から部活動に入ることを推奨しています。
その為、むしろ部活動に入っていない人を探す方が難しいらしいです。
部活動の成績も良好で、特にラグビー部は2回全国制覇を成し遂げています。
行事や部活動で集団生活をして、社会に出る時に役立ててほしいという学校からの生徒を思う気持ちが伝わってきます。

そして、部活動に参加してほしいという思いは授業時間にも表れています。
通常の高校は1限50~60分の授業が一般的ですが、天王寺高校ではなんと1限45分という短さで授業を行っています。45分というのは小学生と変わらない短さです。
授業を短くする分、部活動に参加し帰った後に生徒が自ら家で自習するように促しているのです。
生徒が勉強しやすい環境を整えているので、在校生の殆どが国立大学への進学を希望しています。
特に京都大学への進学率は公立高校の中ではトップクラスで三桁の合格者を出した年もあります。

優秀で個性的な生徒たちに負けず劣らず先生たちも面白く実力のある先生ばかりです。
生徒の努力を実らせてあげたいからサポートは全力でするというのが信条で、生徒側からの信頼も厚く「先生にだったらどんなことでも相談できる」と卒業生がやってくることもあるそうです。

県内外問わずトップクラスの成績の中学生が受験するので入学するのは難しいかもしれませんが、学校の雰囲気もよく実績も文句無しの進学校です。